日本経済新聞に掲載されました!

株式会社スリムビューティハウス(代表取締役西坂才子)が、三井住友銀行(頭取國部毅)により「今後、女性活躍が期待できるグロース企業」と認定され、「SMBCなでしこ私募債」を発行しました。

本日5月24日(火)発売の日本経済新聞に大きく掲載されています。
是非ご覧くださいませ。

<スリムビューティハウスにおける女性支援のための取り組み>
①女性管理職比率68%・女性取締役比率60%と、高水準での女性を登用。
②配偶者の転勤等に帯同することができるようにする為、本人の意向に応じて可能な範囲で配属店舗の異動を行っている他、管理部門において在宅勤務を試験的に運用。
③フルタイムで働く正社員と、勤務時間と責任範囲を明確にした契約社員との変更を可能にすることで、育児や多様な働き方へのニーズに多面的に対応。

代表取締役西坂才子は、創業36年を迎える今年、今後のさらなる女性活躍推進に向けて、女性の美と健康を科学的に追求するとともに、女性の社会進出を後押しすると宣言しました。
また、成熟期を迎え、発展と課題を抱えているエステティック業界の中で「安心と信頼」をスローガンに、より多くの女性から支持を受ける業界へと成長させるリーディングカンパニーの地位を確立していきます。

~SMBCなでしこ私募債とは~
女性活躍推進の取り組み状況において、SMBCが定める審査基準を満たした企業が発行できる私募債。女性のキャリア促進、多様な働き方の実現、情報発信を目的としている。審査は、経済産業省と東京証券取引所が共同で実施している「なでしこ銘柄」の選定業務を受託している、株式会社日本総合研究所に業務委託されている。

20160524115906

カテゴリー: スリムレポート パーマリンク